仮性包茎の方の鍛錬時の注意点

仮性包茎 ペニス増大ポンプでトレーニングを行うと、どうしても皮も同時に伸びてしまいます。
露茎の方はそれほど気にすることはありませんが、仮性包茎の場合は症状が更に悪化する可能性があります。
これを防ぎたい場合には、注意点と対策方法を理解しておくことが必要です。

(皮が伸びてしまってもペニスもそれを追う形でついてくるため、深刻に考える必要はありません。)

鍛錬時の注意点と対策法

ペニス増大ポンプはペニス全体を吸引するため、当然皮にも影響を及ぼします。
しかし、やり方を間違えれば皮ばかりが伸びてしまうことがあります。
その原因がシリンダーのサイズです。

よく海外製のポンプは外国人サイズのため、日本人には不向きだといった意見を見かけますが、それは皮ばかりを吸引しているからだと考えられます。
シリンダーが大きすぎる場合、シリンダーとペニスとの間に隙間が出来るため、ペニスの外側、つまり皮に一番強い負荷がかかります。
その結果皮ばかりが伸びてしまうといった現象が起きます。

しかしミスターハイやパワーゲージのシリンダーは日本人のサイズに合わせて設計されているため、自分に合ったシリンダーを選択すればペニスはシリンダーいっぱいに吸引され、隙間ができません。
そこで皮も固定されるために、必要以上に皮を吸引することがなくなります。
シリンダーは大きすぎないサイズを選択するように注意しましょう。

もう一つ、シリンダーの選択以外の対策をご紹介致します。

1.吸引する前にペニスをフル勃起の状態にします。
2.シリンダーを装着する前に玉袋を下に引き、できるだけペニスに皮が余らないようにします。

後は通常通り吸引をするだけです。
シリンダー内にある皮をできるだけ減らし、伸びるのを防ぐことが出来ます。

皮が伸びることに抵抗がある場合には、この注意点を対策法をお試しください。

ペニス増大ポンプの共通お役立ち情報 - より効率的なトレーニング -

あなたの本気のお悩みに、本気の商品をご紹介。

ミスターハイとパワーゲージ

ミスターハイ パワーゲージ